不動産

最新の入居の賃貸物件が競売により所有者が変更

画像
賃貸物件を利用していて、貸主、つまりは物件の所有者が変わることはあります。
普通に変更した場合には、借主は以前の契約の元でそのまま住む権利が守られています。
しかし、所有者の変更が特別なケースで行われた場合、そのまま住むことができないこともあるので注意が必要です。
所有者が自己破産などをしたときには、物件は競売にかけられます。
もし競売により所有者が変更された物件に住んでいるとき、退去を言われれば従う必要があります。
さすがにすぐに退去する必要はありませんが、6箇月以内に退去しないといけないとされています。
これは、新しい所有者に対して賃借権が主張できないためです。
話し合いの場をもてればよいですが、難しいことが多いかもしれません。
その他の注意として、敷金は戻されません。
敷金は、入居時に旧貸主に支払いそれを戻してもらう予定のものですが、既に貸主は変わっています。
競売の場合は敷金の引継ぎが行われないため、支払う義務も生じません。

最新の

画像