不動産

最新の団体信用生命保険に関する基礎知識

画像
不動産投資を実施するケースでは、住宅ローンを活用して不動産を購入する場合、団体信用生命保険に加わるが義務があります。
団体信用生命保険につきましては、ローン契約者が亡くなられた場合や定められた高度障害状態になってしまった場合に、団体信用生命保険より残存しているローンの返済が行われ、それ以後のローン返済が免除されます。
団体信用生命保険に関しましては、あらためていうまでもなく、名称の通り生命保険のひとつです。
しかし、団体信用生命保険は制限がありまして、怪我や病に伏せた時は補償はされません。
したがって、気を付ける必要があります。
不動産につきましては買い入れた契約者のものですから、住居の家賃収入などはこれまで通り入ってくることになり、契約者自身が亡くなられた場合は相続人が相続することができ、定められた高度障害の状態である場合には当人の治療費に対して充当することもできる、非常に有難い生命保険といえます。

最新の

画像